「JIDA連続知財学習会(5)」のご案内

明けましておめでとうございます!

今年初の投稿になります。

 

JIDA 関西ブロックで私がプロデュースしている連続学習会の広報も恒例になってきました。

今回は第5回目、【意匠】検索ワークショップ「応用編」のご案内です。

 

●背景
最近では、プロダクトデザイナーや素人でもオリジナルブランドを立ちあげるケースが増えてきました。

それは、3Dプリンターで樹脂プロダクトのみならず、金属やウッドライクな素材も作れるようになった事、3Dプリンター自体のサービスが増えてきた事で手軽にできるようになった事など考えられます。

また、ユーザー寄りから考えると、多種多様な製品がある中、誰もが持っているモノよりあまり知られていない特別なモノに価値を見出す人々が多くいらっしゃいます。

 

そのようにオリジナルプロダクトは増えているのではないでしょうか。

そこで心配になるのは、既に誰かが似た製品の意匠デザインを特許庁に登録していなか・・・です。

 

実は特許庁のデーターベースは自前で検索して、事前に似たモノがあるかないか検索して調べる事ができるのです。ところが、検索項目が非常に多く、どのように調べたら漏れなく調べられるかは弁理士ではない限り難しいのが現状です。

 

ご案内するワークショップは、自前のPCやタブレットを持参頂き、実際の意匠を検索練習するワークショップとなっております。昨年には「入門編」を行いました。今回は「入門編」の復習と「応用編」を行います。


場所は堺筋本町です。ぜひご参加お待ちしております。

 

知財学習会5-1

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JIDA 連続知財学習会5【意匠 】検索ワークショップ 応用編
〜入門編から応用編まで計6回の学習会をシリーズで開催します〜
http://www.kansai.jida.or.jp/info/80

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
素晴らしい外観デザインや製品を考え出しても、既に他⼈が考えたものと酷似していたら︖
そんなリスクを回避したり、登録されていない事を確認して⾃⾝が登録するために使⽤する・・・
今回、知財の【意匠】をテーマに、⼊⾨編復習と応⽤編について学習と練習を⾏います。

【対象者】商品・ブランドの企画、開発、運営に携わるご担当者さ
【講 師】大澤 真一氏 (一般社団法人 大阪発明協会/知財支援アドバイザー)
【開催日】2019年2月14日(木) 19:00〜21:00
【会 場】堺筋本町駅下⾞、船場センタービル4号館2階
     ⼤阪デザインセンターSEMBA
     https://www.osakadc.jp/exchange-meeting/semba-rental.html
【ご持参】ノートPCやタブレット(ネット接続が可能な端末)
【会 費】1,000円(資料代)
【定 員】先着20名
【申 込】イベント名、お名前、会社名(部署)、TEL、Emailと
     Wi-Fi 接続希望の有無をご記⼊頂き、「JIDA関西ブロック事務局」 までご連絡ください。
     E-mail:jida-ka@jida.or.jp FAX:06-6615-5573
【主 催】公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 関西ブロック 職能委員会
【協 力】一般社団法人 大阪発明協会

 

───────────────────────────────────────

 

それでは、お申込みをお待ちしております。

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、家具、雑貨などの プロダクトデザイン と ブランドづくり

 

「JIDA連続知財学習会(4)」のご案内

JIDA 関西ブロックで私がプロデュースしている連続学習会も後半になりました。

その第4回目、【特許・実用新案】検索ワークショップ「応用編」のご案内です。

 

●背景
最近では、クリエイターがオリジナルブランドを立ちあげるケースも増えてきました。
どのような事業でも、アイデア商品や発明品を守る上で知財登録は重要です。

実用新案や特許登録するためには、
既に類似性のある実用新案や特許が特許庁に登録されていなか確認する必要があります。
特許庁のデーターベースは自前で検索が可能ですが、入力ヵ所が多く複雑です。
このワークでは、何処を抑えておけば自前で検索でき、類似実用新案や特許の有無確認作業につなげられるかをご自身のPCやタブレットで学習いたします。

お時間が許されるなら、ぜひ、ご参加ください。
講師とのコネクションもでき、問合せもしやすくなると思います。
 

知財学習会4-1

 

知財学習会4-2

───────────────────────────────────────

JIDA 連続知財学習会4【 特許・実⽤新案 】検索ワークショップ 応用編
〜入門編から応用編まで計6回の学習会をシリーズで開催します〜
http://www.kansai.jida.or.jp/info/77

───────────────────────────────────────
せっかく⾰新的なアイデアや商品などを考え出しても、既に他⼈が考えたものだったら︖
そんなリスクを回避したり、登録されていない事を確認して⾃⾝が登録するために使⽤する・・・
今回、⼊⾨編復習と応⽤編について学習と練習を⾏い、皆さんのお仕事にお役⽴て頂きます。

【対象者】商品・ブランドの企画、開発、運営に携わるご担当者さ
【講 師】大澤 真一氏 (一般社団法人 大阪発明協会/知財支援アドバイザー)
【開催日】2018年12月13日(木) 19:00〜21:00
【会 場】堺筋本町駅下⾞、船場センタービル4号館2階
     ⼤阪デザインセンターSEMBA
     https://www.osakadc.jp/exchange-meeting/semba-rental.html
【ご持参】ノートPCやタブレット(ネット接続が可能な端末)
【会 費】1,000円(資料代)
【定 員】先着20名
【申 込】イベント名、お名前、会社名(部署)、TEL、Emailと
     Wi-Fi 接続希望の有無をご記⼊頂き、「JIDA関西ブロック事務局」 までご連絡ください。
     E-mail:jida-ka@jida.or.jp FAX:06-6615-5573
【主 催】公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 関西ブロック 職能委員会
【協 力】一般社団法人 大阪発明協会

───────────────────────────────────────

 

それでは、お申込みをお待ちしております。

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、家具、雑貨などの プロダクトデザイン と ブランドづくり

 


 

「ブランド効果を狙うバナー・コンテンツマーケティング編」セミナー

最近、デザインセミナー講師の依頼が多く、自分もしっかりどう教えるか試行錯誤しています。

2018年11月9日(金)に、富田林市市民会館にてセミナーとワークショップを務めてきました。

 

富田林商工会

 

写真は、受付開始時に撮影しました。熱心な受講者さんがもう来られています。

 

本題の「コンテンツマーケティング」は、よくWebに関する手法だと思われている方が多いです。

しかし、そういう定義ではありません。実際の会社や店舗で使う事も含めての手法です。

 

それから、新手のSEOと解釈されている方も多くいらっしゃいます。

これもそうではありません。

広告のような発信者の勝手な情報などを押し付けるのではなく、

顧客が知りたい事を顧客が見つけられるようにする仕組みの事なんです。

 

顧客の知りたい情報がしっかりある会社や店舗は、他より信用を得る事ができます。

すると、会社や店舗を覚えて貰えたり、リピートする事になります。

そのうち、家族や知人に紹介したり、SNSに書き込んだりするわけです。

 

その長い蓄積がコンテンツマーケティングなのです。

 

セミナーでは、とある八百屋さんがどのようにコンテンツマーケティングを行って不況から復活したかを紙芝居形式にしてご覧頂き、ちょっとしたクイズを行って、具体的にどうすればコンテンツにたどり着いてもらえるかを解説しました。

その後、コンテンツのアイデアをワークして頂いて、持ち帰って頂きました。

 

ニーズがあれば、他でも行おうと思います。

 

次回の講師は2月に東大阪市です。

とある団体に向け、どうブランド化してどう商品開発するのか。

それと、どう販売して行くのか・・・そんな感じをまとめます。

がんばります。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、家具、雑貨などの プロダクトデザイン と ブランドづくり